ブルマ画像と体育着フェチ:ブルマの画像を目にするとき、それは過去の小学校や中学校での運動会で、女子小学生や女子中学生がブルマを穿いて走り回る情景の写真がほとんどです。今となっては体育着や体操着としてブルマを着用する学校はほとんど皆無といって良いでしょう。バレーブルマという慣用句化された用語がネットに存在しますが、これはバレーボールの競技で選手がブルマを着用するということで。東京オリンピックではアメリカの女子バレーボールチームがしっかりとブルマを穿いて一世風靡したものです。悲しい倫理的な理由から学校現場で採用されなくなったブルマはおじさん世代の郷愁を誘います。体育の時間、女子の体操着といえば紺色のブルマでした。いやいやエンジ色だという人もいるのでしょうか。そして上着は決まって白の体操服。これは男子も女子も同じだったと記憶します。

ブルマ画像と体育着フェチ

ガードル着用の画像

ガードル着用画像にご執心の方々についての疑問と自分なりの回答を述べます。ガードルはスリップやベビードールなどのランジェリーを着用する際の体型補整の為のファウンデーション。ガードルの着用姿に魅力があるものかどうか疑問で、ガードルの着用姿の画像を想像した時に感じたのは違和感そのものでした。インナーのアウター化が進む中、タンクトップもキャミソールもアウターに流用されていますがガードルだけはあくまでも補正下着です。さすが補整下着がアウター化することはないでしょう。そんなわけで、ガードルの着用姿はスリップやその他ランジェリーに対してけして見せる(魅せる)下着ではないと思うのです。女性下着のさらなる下着の域を出ることのない地味なガードル姿の着用画像は、「女性の恥ずかしい部分」というの聖域を守っている唯一のアイテムとも言えましょう。しかし実は恥ずかしいが故に女性でなくしてはありえない部分であるのも事実。そこに男性諸氏の大いなる関心が集まっているようです。貴族の世界を描いた洋画にはガードルで締め付けられた細い腰がクローズアップされることしきりですが、こんなこともその裏付けとなるのではないでしょうか。

ガーターベルト 画像 掲示板情報

ガーターベルトの画像を掲載する掲示板。ここではガーターストッキングを着用した女性の画像が披露されています。ガーターベルト部分とストッキング部分が合体し、股間前部と臀部が空いてしまっている(女性の脚部のその部分が見えてしまっている)パンストと言えましょうか。二本足にそれぞれに穿くストッキング。これを吊るすガーターベルトのデザインも多彩です。ガードルにガーターベルトが吊るされているものや、ガーター専用のショーツ(パンティ)などもあり、ガーターベルトそのものがレース仕様であったりとまるでアウターのよう。ガーターストッキング着用のシーンと言うかシチュエーションにも多くの関心が集まっています。olのガーター・制服にガーター・美脚にガーター・ニーハイにガーター・ミニスカにガーター等々。こういったシーンと勘違いするような名称のガーターベルトのアイテムも登場しています。ガーターショーツ・ガーターレース・タイツガーターなどは列記とした商品名なのです。単なるパンスト脚では表現できないセクシーさを様々に演出してくれるガーターベルトは、ガーターベルトの画像掲示板を多彩に彩っているのです。

スク水画像が好き

スク水画像のスクとはスクール水着のこと。スクール水着姿の写真をスク水画像と総称しているようです。ちなみにスク水とは、すくすいではなく「すくみず」と読みます。小学校や中学校の時代、どなたにも、多少なりとも好きな女の子がいたのではないでしょうか。学校のプールの授業でその女の子の水着姿を見た時どんな思いが去来したか?スク水画像はその時の思いを鮮明に蘇らせてくれます。それは、毎年訪れる夏場の海岸の水着風景を凌駕して、あなたを虜にせずにはおきません。スク水姿がビキニ姿より遙かに、胸をキュンとさせるという事実は驚きです。最近ではコスプレ衣装としてのスク水が多数販売されています。白のスク水、紺色のスク水、股間のラインあたりまでワンピース様となった旧デザインのスク水等々、今でも学校現場で採用されておりながら、昔ながらのデザインのスク水がコスプレショップで次々と生み出されているという現状です。面白いところでは、メイドスク水というシチュエーションが生み出され、フィギュアに多数採用されています。

PR